腰痛の原因となる筋膜性疼痛症候群とは

筋肉を覆っている筋膜が原因で痛みを感じるということが最近の研究で明らかになりつつあります。
MRIやレントゲンでは筋膜を見ることができないのですが、最新のエコーを使うと筋膜の様子がわかり、痛みの部分と筋膜が厚くなっている部分が一致することから、筋膜性腰痛が注目を集めています。

厚生労働省の調査によると、腰痛の85%は原因不明で、これを非特異的腰痛といいます。一方原因がわかっているものを特異的腰痛というのですが、原因として考えられているものに
・椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、すべり症などの脊椎疾患
などがあります。

原因がはっきりわからない腰痛には、ここで紹介した筋膜性の腰痛のほか、ストレスが原因の腰痛、仙腸関節が原因のもの、その他のものが考えられます。

筋膜性の腰痛なのに椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と誤診されることがあるので、手術をする際には慎重な対応が必要です。

筋膜性疼痛については、まだわかっていないことが多いので、今後のいっそうの研究が望まれますね。

参考
筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会
筋膜性疼痛の治療を行っている医療機関

木村ペインクリニック(群馬県)
筋膜性疼痛症候群(MPS)の原因となるトリガーポイントの治療を行っている病院。

NHKドクターG「腰が痛む」出演:白石先生
筋膜性疼痛症候群とは―原因が分からなかった痛みの正体

サブコンテンツ

このページの先頭へ