【保存版】山口県 脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア手術・治療の名医

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、すべり症といった背骨の病気については、日本整形外科学会の下部組織の「日本脊椎脊髄病学会」が認定した脊椎脊髄外科指導医又は、日本脳神経外科学会の下部組織の「日本脊髄外科学会」が認定した脊髄指導医&認定医を治療・手術に充分な知識をもつ名医といってよいのではないでしょうか。全国に前者は1400名程、後者は300名程と少ないのが現状です。
※脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアの人が専門医ではない整形外科一般医を受診しても、最新の治療が受けられない可能性があるので注意が必要です。

整形外科医の背骨の専門医
脊椎脊髄外科指導医の数を病院別にランキング

脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア治療 病院ランキング 山口県top 3

日本脊椎脊髄病学会指導医リスト(山口)より

rank1_mini 山口大学医学部附属病院 指導医 5名
http://www.hosp.yamaguchi-u.ac.jp/
住所 山口県 宇部市南小串1-1-1

rank2_mini 下関市立市民病院 指導医 3名
http://shimonosekicity-hosp.jp/
住所 山口県 下関市向洋町1-13-1

rank3_mini 山口労災病院 指導医 2名
http://www.yamaguchih.johas.go.jp/
住所 山口県 山陽小野田市大字小野田1315-4
syujyutsu 簡単な体操だけで脊柱管狭窄症、ヘルニアの症状が改善することがあります。では「なぜ、その体操を整形外科医は指導しないのか?」といえば、その体操を指導しても保険の点数にはならないからです。背骨によい体操をすることが脊椎治療の必要性を半減させる可能性があるので整形外科医が話題にしにくいテーマともいえます。
病院で体操を教えられ、それに対して医療費を支払ったという経験はないのでは。。。有効な方法であっても、投薬、ブロック注射、手術をしなければ病院経営は成り立ちません。
しかし、一人の脊椎脊髄外科指導医が、脊椎によい体操を広める努力をしていて、わかりやすくまとめたDVDで販売されています。特に、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアの手術を検討している方には役に立つと思います。
脊椎脊髄外科指導医のDVD公式ページはコチラ


山口県 脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアの専門家 指導医数順 病院ランキング4位以下

病 院 名 住 所 指導医
済生会山口総合病院 山口県 山口市緑町2-11 1名
小郡第一総合病院 山口県 山口市小郡下郷862-3 1名
岩国市医療センター医師会病院 山口県 岩国市室の木町3-6-12 1名
桑陽病院 山口県 防府市車塚町3-20 1名
徳山中央病院 山口県 周南市孝田町1-1 1名
新南陽市民病院 山口県 周南市宮の前2-3-15 1名
かとう整形外科・リハビリテーション科 山口県 宇部市大字東須恵1963 1名
山陽小野田市民病院 山口県 山陽小野田市東高泊1863-1 1名

日本整形外科学会脊椎認定医名簿(山口)にも脊椎の専門医が載っています

ヤフーヘルスケアを使い、キーワード「山口県」、診療科目「整形外科」で検索すると239件の病院が表示されますが、山口県で日本脊椎脊髄病学会の指導医が在籍する整形外科は上記の11件の病院のみです。

脊椎脊髄外科専門医全国版

北海道 北海道
東北 青森岩手宮城秋田山形福島新潟
関東 茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川山梨
中部 富山石川福井長野岐阜静岡愛知三重
近畿 滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州地区 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
更新日2017/9/18

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛は脳の一部の脊髄が圧迫される病気なので脳や神経を扱う「脳神経外科」でも治療を行っています。日本脳神経外科学会の下部組織の日本脊髄外科学会が認定した、「日本脊髄外科学会脊髄指導医&認定医」も、脊髄疾患の治療・手術の名医、専門医です。

脳神経外科医の脊髄の専門医
脊椎脊髄外科指導医&認定医の数を病院別にランキング

日本脊髄外科学会指導医&認定医リストより

病 院 名 住 所 指導医
岩国医療センター 脳神経外科 山口県岩国市愛宕町1丁目1番1号 2名
下関厚生病院 脳神経外科 下関市上新地町三丁目3番8号 1名
山口大学医学部附属病院 脳神経外科 山口県宇部市南小串1-1-1 1名
注目している医療機関
東京大学医学部附属病院 整形外科・脊椎外科
腰部脊柱管狭窄症の基本的なことがわかります。
慶應義塾大学病院
腰椎棘突起縦割式椎弓切除術の先駆者
岩井整形外科病院(東京)
脊柱管狭窄症の内視鏡手術数全国1位。内視鏡手術のやり方が動画でよくわかります。

病院利用メモ
大病院の場合、紹介状がないと受診できないことがあります。
事前に専門医の診察日、曜日を確認することをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ